代表的なムダ毛対策5選ぶ

「脱色」は、体毛を金色にすることにより、目立たなくさせるムダ毛対策です。
主にクリームで行います。髪の毛の色を抜く脱色剤がありますが、あれを弱くしたようなものです。髪の毛のものを利用したことがある方にはおわかりかと思いますが、皮膚への刺激があります。このため、肌が弱い方は要注意です。使用するクリームを少量にしますと十分な効果を得られないことが多いですから、体毛を覆い隠すほど、しっかりと塗るようにしてください。クリームを塗る前によく室温を上げることにより、効果をあげることができるという情報があります。

 

「抑毛」は体毛を細く、少なくすることにより、目立たなくさせるムダ毛対策です。
比較的肌に優しく、また、自然な見かけとなるのが利点です。抑毛することにより、剃ったり、脱毛したりするときにも処理がたやすくなりますから、ほかのムダ毛対策と並行して行うのもよいと思われます。豆乳ローションを使用する方法が人気です。販売もされていますが、自分で作成することもでき、作成することが楽しくなる人もいるようです。大豆に含まれるイソフラボンという成分によって男性ホルモンの働きを抑制することにより、発毛を抑えます。

 

「剃毛」は一番幅広く行われている方法で、剃刀で剃るムダ毛対策です。
今では背中用の剃刀やIライン用の剃刀なども存在し、対応できない部位は少なくなっています。しかし、やはり、対策後から発毛までの期間が大変短いのが短所です。早い人だと朝対策してから夜には発毛します。また、剃刀の刃により、皮膚の表面を削ってしまいます。お手軽に実施できる対策ではありますが、利点はあまりありません。

 

「除毛」は、皮膚の表面に出ている体毛を溶かすというムダ毛対策です。
体毛を溶かすほどの強いクリームを塗るのですから、皮膚にはもちろん強い刺激が加わります。また、皮膚の表面までしか処理できませんので、「剃毛」同様、発毛までの期間が短い、一時的な対策になります。

 

「脱毛」は毛穴から体毛を抜くというムダ毛対策です。そのさまざまな方法については次項に記載します。
(→様々な脱毛方法の解説ページはこちらです)