胸の脱毛

女性にとっては乳首周りが主となるかと思われますが、男性にとっては全体が範囲となりますね。男性自身が一番気になる箇所であるかもしれません。Vネックシャツを着たとき、Yシャツでネクタイを緩めたとき、水着に着替えたとき。目を引きやすい部位ですから。

 

実は、男性の胸毛と女性の胸毛は性質が異なります。男性の胸毛は第二次性徴に伴って生えるものであり、女性の胸毛はそうではありません。第二次性徴に伴って生える毛は、ワキの毛や陰毛と同様の特徴があります。それは、「体臭の発生源となる要素がある」「太い」「生える方向が不統一」「毛を支える組織が強く、抜けにくい」という点です。毛が抜けにくいということは、停滞期に入っている毛穴…つまり、毛が生えない期間に入っている毛穴が成長期に入るまでの時間が長いということになります。このため、男性の胸毛脱毛が完全に終わるまでは長い期間がかかりがちです。

 

成長期における胸毛の成長速度は、ほかの部位の体毛と比較すると、早いものです。剃る等の処理方法ではすぐに目立ち始める可能性があります。自宅で処理する場合は、「毛抜き」または「テープ脱毛」がよいでしょう。男性の胸毛の場合、広範囲になりますから、「毛抜き」は難しいかもしれません。

 

乳首周りに、「レーザー脱毛」等、黒色を攻撃するタイプの脱毛処理を選ぶ場合は注意が必要です。乳首の色が濃い方は、レーザーの影響が強く出た結果に乳首を火傷する可能性があります。自己処理の場合はその覚悟を、エステ等で受ける場合は必ず相談するようにしましょう。そして、大丈夫だといわれた場合も、何故大丈夫なのか、説明を受けるようにしてください。