眉毛の脱毛

眉毛は顔の額縁と言われます。眉の形が少し違うだけで、表情がまったく違って見えます。また、今の自分に似合っている形状にしても、将来の自分に似合っているかどうかはわかりません。眉毛の脱毛は慎重に行わないと、ほかの部位の脱毛以上に、大きく第一印象にかかわります。

 

自分で脱毛する場合は、まず眉毛の形を決め、そして、決めた眉毛の形からはみ出す長い毛を切り、それでも邪魔になる部分を抜く、といった風に、慎重に行ってください。エステ等で脱毛する場合も、どのような形になるのかをよくよく相談した上で、納得して始めたほうがよいでしょう。

 

形状を整えることができるのは、ひとつひとつの毛穴を対応することになる、「毛抜き」「電気脱毛」です。痛みを伴い、また、赤みや腫れが発生することがありますが、気に入った形の眉毛とすることができます。

 

眉毛の脱毛は小さな部位に対する脱毛になります。「毛抜き」「電気脱毛」以外の方法の場合、広範囲に影響し、想定以上の部位が脱毛される場合がありますので、留意しましょう。

 

また、特に気をつけなければならないのが、まぶたです。眉毛の下の部分を脱毛する場合、まぶたのごく近くまでが対象となりますが、レーザー脱毛は、目への影響があるため、まぶたに使用できません。家庭用レーザー脱毛器具を、自己責任として規定された部位以外に利用する風潮がありますが、目を傷めることになりますので、まぶたへの利用はやめましょう。