Iラインの脱毛

Iラインの処理は生理の臭い軽減に

Iラインの定義は、男性と女性で少々異なります。男性の場合は睾丸の下から肛門の手前までの範囲、女性の場合は陰裂の周辺範囲となります。エステによっては「ビキニ奥」「V奥」などと呼ぶ場合もあります。

 

Iラインは自己処理が難しい部位ですし、また、温泉等でも人の目に晒されにくい場所です。脱毛は必要か?と考えられることもあるかと思いますが、Iラインを脱毛することは想像以上によい効果をもたらすものです。

 

たとえば、女性の場合、性器周りを衛生的に保つことができます。Iラインはまさに性器周辺ですから、生理のときにはこのIラインの毛が原因で蒸れ、かゆみをもたらしたりします。Iラインを脱毛することでこの生理の時の不快なかゆみを減らすことができるのです。また、水着や下着も、陰毛がはみ出ることを気にすることがなくなります。これは男性も女性も共通の利点ですね。

 

完全に脱毛することに抵抗があるようであれば、Vラインのページでも記載したとおり、毛の量を減らすこともできますから、自然な形で残すことも可能です。

 

なお、クリニック以外の場所ですと、粘膜や粘膜周りの処理は受け付けないことがほとんどです。粘膜周りのみが残っていると、不自然な形になってしまいます。契約をする際には、自分の粘膜や粘膜周りに毛はあるか、処理はしてもらえるのか、等確認した上で契約することをお勧めします。

 

なお、Iラインの脱毛は他の部位に比べて特にデリケートな部分なので、個人差はありますが他の部位に比べて痛みの度合いは強いとされているので、注意が必要です。