鼻下の脱毛

鼻下の毛は、眉間同様に、初見で目がいきがちなものです。髭が不要な男性や、女性にとっては、剃っても青く見えてしまう鼻下の毛は厄介です。濃い毛を見せたくないから剃るのに、その青みが存在するだけで「毛深いのだな」と思われてしまいますものね。毛はともあれ、この青みを何とかしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

 

青く見えているのは、皮膚の色ではなく、皮膚の下の毛根です。黒い毛根が皮膚を通して見えたときに青く見えています。つまり、毛根…すなわち「毛乳頭」および「毛母細胞」を攻撃するタイプの脱毛方法を選べば、「毛乳頭」および「毛母細胞」がなくなりますから、その青みも対処できるということになります。逆に、「毛乳頭」および「毛母細胞」を攻撃しないタイプの脱毛方法を選んでいると、青みがずっと残り続けることになります。

 

昔は顔に対する「毛乳頭」および「毛母細胞」を攻撃するタイプの脱毛は難しいと言われていました。顔の皮膚は薄く、レーザー等を使用すると傷ませる可能性が高かったからです。しかし、昨今の技術を用いれば、可能です。

 

気をつけなければならないのは、やはり、痛みです。可能になったとはいえ、皮膚が薄い部分ですから、痛みは直接響きやすいです。「痛みがない」と謳っている脱毛方法でさえ、痛みは普通に感じられるといいます。痛みがないとは謳っていない脱毛方法ならなおさらです。耐えられる痛みかどうか、確認したほうがよいでしょう。