ムダ毛としての認識

脱毛をするとすごく楽チン!

いわゆる「ムダ毛」と呼ばれる体毛は、誰が定めるものでしょうか。

 

江戸時代以前の日本の女性は、眉毛を含めて、顔の毛をすべて手入れしていました。当時の絵を見れば、眉毛もすべて抜いていることがおわかりでしょう。逆に、体の毛は特に手入れしていなかったようです。これは何故でしょうか。「顔の毛は見えるもの、体の毛は見えないもの」という感覚があったからです。

 

そして最近では、男性のムダ毛処理の需要も高まってまいりました。立派な髭を蓄えるのが紳士の嗜みだった時代は過ぎ、眉毛を整え、髭を剃るのが一般的な社会人男性の姿です。これは何故でしょうか。逞しく雄雄しい男性像よりも、礼儀正しく小奇麗な男性像が好まれるようになったという現代ならではの時代背景でしょう。

 

しかし、欧米諸国では一般的に腕の毛は処理しないようです。これは何故でしょうか。欧米諸国に住まう人々は毛の色が薄く、特に目立たないからではないかと考えられています。

 

お気づきでしょうか。いわゆる「ムダ毛」を定めるのは、結局、自分ではなく「他人の目」です。「ムダ毛」を人生初めて気にしたときを振り返ってみてください。そこには「他人の目」があったのではありませんか。
昨今の「他人の目」による「ムダ毛」判定は、今まででは考えられない部位にまで及んでまいりました。Iライン・Oラインという単語はムダ毛に関わる話題でしか聞き及ぶことはないでしょう。

 

しかし、このムダ毛の広範囲化に合わせて、ムダ毛処理の技術も進んでまいりました。ムダ毛の処理方法として、手軽なものではまず「脱色」という方法で他人の視界に入れずにすみます。触れられたら困るという方や、色を抜くだけでは不安な方は、「剃る」という方法を選ぶでしょう。何度剃っても生えてきてしまうことが苦痛に感じられる方、剃刀負けで肌が荒れてしまうという方は、最終的に「脱毛」という方法を選ぶのではないでしょうか。これらそれぞれの技術が、進化を遂げているのです。

 

特に「脱毛」のジャンルにおいては、美容技術が発展したことで安価で効果が高く、昔に比べてコストパフォーマンスが格段によくなっています。それに伴って、最近では大学生でも気軽に脱毛をするようになってきています。エステサロンで主に導入されている光脱毛であれば、部位にもよりますが、数千円程度で脱毛ができてしまう時代です。

 

これから「脱毛」という方法を中心に、各部位の処理方法や注意点について記載いたします。自分に合った脱毛方法を選択し、ムダ毛問題に終止符を打ちましょう。

 

安い・早い・抜けるでハイパフォーマンスな光脱毛

光脱毛ってスッゴイんだよ

皆さんも恐らく一度は聞いたことがあると思いますが、この光脱毛ブレイクの立役者として「ミュゼプラチナム」の影響は大きいと思われます。モデルのトリンドル玲奈さんを起用したテレビCMでもお馴染みですよね。脱毛サロンの中で最大手のミュゼや、その他の大手サロンが積極的にプロモーションを打ち出した事で、脱毛がぐっと身近なものとなりました。

 

そして、そのミュゼなどの大手サロンで取り入れているのが光脱毛です。先ほどもチラッと登場した、エステサロンで主に導入されている光脱毛。

 

原理的にはレーザー脱毛と同じように、ムダ毛に反応する光の波長を利用したものですが、レーザーなど他の脱毛方法と比べても圧倒的に安く脱毛ができることで、ここ1〜2年で一気に人気が高まっています。そしてレーザーのように痛みを感じる事も無く、デリケートな部分でも気軽に処理ができるのも大きな特徴です。しかも最近では、男性用の光脱毛サロンも登場し始めているほどの人気の高さです。

 

脱毛をちょっとやってみたいな。と思っている女性にとっては、光脱毛は最適です。低価格で試せるというのは嬉しいのですよね。気になる方は、一度お近くのサロンにカウンセリングに行ってみてはいかがですか?その際、サロン選びはとても大切なポイントですので、参考にすると役に立つサイトをご紹介しておきます。

参考 > 光脱毛の女王運営サイト